スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS 話しを、しよう。

お久しぶりです。
まさに立春、春めいた暖かい一日でした。皆様お元気でお過ごしでしょうか

SSというほどのものでもございませんが…。
つまらないものです。

【陛下の独白系】【リハビリ路線】
【67話の設定からのパラレル※】
※ほんのりネタバレを含みますので、コミックス派の方はご注意ください。

* * * * * * * * * *
SS 話しを、しよう。
* * * * * * * * * *

話しを、しよう。
君が許してくれるのなら。

…許してくれなかったらどうしよう?

私は、君の答えを知るのが怖い。




君と話さなきゃ、とおもって
もう何日が過ぎただろう。

何をしでかすか分からない君だから
捕まえた。

あの日、私にしがみ付いて泣きじゃくった君を
あんな思いをしてまで
手離したのは、自分だったくせに。

本当に、彼女は放っておけない――

――だから仕方がない。

突拍子もないことに平然と首を突っ込むのはしょっちゅうで
そうでなくても誰に陥れられ、危ういところへ追いやられるか分からない。

彼女はただ
まっすぐで
善良で
――何の力を持たない

ならばせめて私の目の届く安全なところで過ごさせなければ。

君を捕まえなければならないのも
私の傍に置かなければならないのも
ぜんぶ、君のせいだ


せっかく
こんな魔窟から離して
逃げ出すことができたはずなのに
――再びそんな悪夢の檻の虜にしなければならないのも。

君を捕まえて
私の傍に置くのも

君が悪いんだ、仕方がない。


私は、君に話をしなければならない

ここがどんなに恐ろしい場所なのか。
何の希望も
…一筋の光すら見出すことなどできない
地獄よりタチの悪い監獄なのか

そんなところで生まれて育ったわたしのことを

* * * * * * * * **

彼女の顔が見られない

もう十分落ち着いたと思っても
まだ時間が短かったんだろうか。

あれほどに長くて辛いと感じたのに
…まだ足りなかったのかと
今、ひどく後悔している。


話しを、しよう。

君が許してくれるのなら。

許してくれることでないと、知りながら
君をここに縛り付けたのは、私の罪

だけど

それもこれも、
ぜんぶ君のせいじゃないのか? 夕鈴。

* * * * * * * * **

このままでは話しにくいというから
念をおした
「そっちに行ってもいい?」と
極力やさしく…それは、自分の気持ちをなだめるためでもあるんだ。

今日はゆっくり話がしたい。
私のことも。
なにもかも。





「――寒いんですか?」と彼女が私を見上げた。
「え?…ああ、うん」
彼女の瞳に見つめられると、ホッとする。

ギュッと抱きしめる。
トクトクと鼓動が伝わって、あたたかいぬくもりと好い匂につつまれた。

「まだ、寒いですか?」
「うん――」
そう。
寒かったんだ。



ずっと孤独だった。
こんな場所だから――これからも一人でいいと
こんな思いをするのは私独りで十分だと、思っていた。

友も
愛も
血のつながった肉親の情愛すら
嘘と欺瞞と虚実に塗り固められ
利用され
傷つけあう道具に成り下がる。
…そんなものは、いつでも切り捨てられる対象だと
割り切っていたはずだった。

私の記憶の中に「あたたかい家庭」という概念はない
王族。血のつながりは平然と互いの命を狙う最も身近で性質の悪い因縁であり
常に細心の注意を払うべく用心の対象だ。


私の話しなんて
君は面白くもなんともないだろう

なのに、なぜ話す気になったのだろう


王宮は魔窟だ。

なのに、どうして君をまたここに連れ戻してしまったんだろう。


抱きしめた君から伝わるぬくもりが
私の言葉の背をおした

夕鈴
私は、君のぬくもりが、欲しかったんだ。


君はそのまま
私の長い長い、話を
静かに聞いてくれた。


君の表情は何一つ見えなかったけれど
小さい掌のぬくもりは
ずっと、私の背中にあって
小さく頷くたびに、優しくさすられるたびに
私の心は一つひとつ、軽くなっていった


長い長い、話を
私はつづけた。

私がどんな男なのか

君の目に入れなかったことを
耳に入れたくなかったことを
君を遠ざけた理由も

なにもかも洗いざらい話すのには

とてもとても長い時間がかかった

けれど
つかえていた心を
君のぬくもりが溶かしてくれたから

私はぜんぶ
素直に話すことができたと思う。


最後の言葉が消えて
もうどれほどの時間が流れたのか

「陛下」

小さな君の呼びかけに
此方の世界に引き戻されてはじめて
私はようやくすべての言葉を紡ぎ終わったことに気が付いた

何もかも話せば
君はきっと私から離れて行くだろう。
二度と私の手をとってはくれまいと
――わたしはそれが怖かった。

怖くて、捕えて、檻に入れ…



全てを無くすつもりだったのに

私は今、今までになく満たされていた


「陛下は
ひとりぼっちで、寒かったんですね――
でも
これからは、
私がずっとお傍にいますよ?」

「君が居てくれるというのなら
もう、寒くない」

強く彼女を抱きしめると、
彼女はおずおずと私を抱き返す。


もう
話すことは
何もない

と思ったら

「――あ、でも。
もう私、妃でもバイトでもなかったんでしたっけ!
お邪魔なら――」

と云うなり、彼女はスクッと立ち上がった。


ちょっと待った。
話し、聞いてなかったの――!?


(Fine)




凍り付いた心を
暖かい涙が溶かす
というイメージで書きはじめたのに
最後に夕鈴さんが、やらかしてしまいました。





<近況>

最近あまり書けなくてすみません。

半年以上前から、忙しいとは想定し覚悟もしていましたが
想像以上に忙しくて驚いています(笑


小説を書きためるファイルをみたら、2014年12月で止まっていました。
すみません、1か月以上空けたのは初めてかもしれません…。

水面下では、プチオンリー公式アンソロさんの原稿や、織座舎のパラレルアンソロジーや、単行本の加筆修正等も書いたりしていたので、全く書いていなかったわけではないのですけれども、それにしても酷い惨状です。

(話ついでに)ご報告です
パラレルアンソロジー、とらさんで予約が始まりました。
執筆陣17名、陛下×夕鈴のパラレルストーリー満載。いろんなシチュでお楽しみください^^
(手前味噌で恐縮ですが)まさかの夢のような企画が実現しちゃったものですから、スゴイ方がご寄稿下さって、ものすっごいですます。お気が向いたらお立ち寄りください。

実のところ、アンソロはすごい方々のお話し拝見するのに夢中で
自分の原稿は、というと…久しぶりに難産でした。(爆

公式アンソロさんの原稿はするする~っと普段通り出てきたのに
現パラのほうは2か月かかりで、珍しくかなり書きなおしました(たぶん半分以上はデュラックの海に消えました)。

当初、全く想定していなかった設定がすごい伏線になって「なるほど、そうきたか」と。期間をかけると面白く発酵するものですね~(笑)
冷静になって考えると、ギャグ路線はけっこう何度高いかもしれません。

甘いお話しを書きたいけれど
もうちょっと生活と両立するまで封印?

ではどうか皆様お元気でお過ごしくださいませ

*
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、アンソロお疲れさまです!
狼陛下への読者愛募集に応募しようと思っていたのに、気がついたときにはばっちり締切過ぎていましたΣ( ̄□ ̄lll) む、むねん・・・・
でもアンソロ楽しみにしています(^^)当日行く予定ですが、無事ゲットできるかドキドキです。

ラスト夕鈴、さすがです(苦笑)
真剣陛下の顔が一気に崩れる様が目に浮かびました(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うりうり様

こんばんは~^^

年末締切あたり、忙しくあまりお誘いなどもできず
結局…企画倒れですみませんでしたm(_ _;)m

当日行かれるんですね^^ぜひぜひお立ち寄りくださいませ~^^
無事、お手元に渡りますように…(祈

うーん…。正直なところ、
当日がどんなふうとか分かりませんが、
きっとトイレに行く間も無く楽しいと思います←あははうふふ
体力温存で15W体力だったらスイッチ入れてやってくださいorz

風花さま Re: こんばんは☆

うーん、私も書いていていきなりゆーりんさんがあんな行動をしたのでぶっ飛びました
でもとっても眠かったので
やっぱり彼女はあなどれない、…と思いながら
送信ボタンをポチットな、した次第。

アンソロは素敵本に仕上がると思います
その他がどうなることやら(…!)

午後は少し早めに店じまいする予定ですが
お立ち寄りの際はぜひお声掛けくださいませ~楽しみしておりまふ(*^_^*)
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

おりざ

Author:おりざ
秘密の苑・刺青の男[織座舎]陛下の花園へようこそ。”狼陛下の花嫁”の二次創作作品を綴っています。足跡などお気軽に残していただければ嬉しいです。【新刊】秘密の苑・刺青の男パラレルアンソロジーパラレルアンソロジーとらさんで取扱。【お詫び】拍手コメ御礼お休み中です。本当に申し訳ありません。お返事ご希望分はコメント欄へm(_ _)m

アクセスカウンター
ただいまのご来訪数
現在の閲覧者数:
ありがとうございます
■(キリ番)カウンターでキリのよい番号に遭遇された方はお気軽にご一報ください^^

■オフ活動■ おりざの本[織座舎] 一覧 → こちら
陛下の花園へようこそ
~ご注意~
≪以下あらかじめご了承のうえ、本サイトをお楽しみください。≫

・原作者様ならびに出版社様とは一切関係ございません。
・此のブログは日々の日記並びに二次創作作品の倉庫、管理人本人の自由な自己表現の場です。
・この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件、史実などにはいっさい関係ありません。また原作と異なる設定など、表現、その他多数捏造あります。

・二次創作の場です。
・ブログ内容に関する苦情は受け付けておりません。出来る限り注意は払う意向ですが個人的表現の場という位置づけの運営上、万人に対して万全を保障するものではありません。
・読む際は各作品の冒頭の説明・ご注意等にてご判断ください。読後いかなる不都合が生じても当方はその責任を負いかねます。

・ご感想お待ちしております。

・当ブログ内の作品の著作権はブログ管理人に属し、無断コピー・無断転載は固く禁じます。
Twitter
 
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。