スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[日記]ボツ

台風一過、青空はひんやりと
よるは寒いくらいでコートが欲しかった…(ぶるぶる)です。

ショートショートをと思ったのですが、
なんだか萌えない…。
A4で4、5ページ書いてみたけれど、お蔵入りにしようかと…
締めとオチが降りてこないのですよ。


リクがまだお一人残っているのですけど
なかなか手つかずで申し訳ありません。
のんびりでほんと、御免なさいね~



駄文
どうしたものかと。

* * * * * * * * *
ボツ話
* * * * * * * * *

いつものように、人払いをした後宮で
二人、双六をしていた。

いつもなら、
負けん気を出して必死にサイコロの出目を祈ったり
一喜一憂する君なのに、
なんだか今日はおとなしい。

ふぅ…とため息が聞こえて
僕は我慢できなくなって…。

「もう、――止める?
私といても、たいくつ?」

と聞いてしまった。

「あ、いいえっ!
そんな訳じゃ…
ヘーカといるのは楽しいです」

うそだ、口ばっか。

双六の盤を脇へ払って、机越しに君の手に、手を重ねる。
触れた途端、驚いたような瞳。

「何が君の心を捕らえている――?
私には言えないことか」

狼の声で尋ねれば、慌てて手を引っ込めて笑う君。

「ほんとに。なんでもありませんってば!」

笑う――? でも、それは。
君が『お妃様スマイル』って自分でも言ってる
いわゆる営業用ってやつだ。

「何でもないのなら、
なおさら、聞かせてほしい
いったい何が君の気にかかっているのか?」

君は観念した様子で、
ぽつりぽつりと話し始めた。

「――頑張っても
頑張っても、
報われないとき、とか。
…すごく落ち込みません?」

「――え?」

切り出した君の言葉が、思った以上に深刻で、
私は思わず顔を上げた。

「良かれと思って…
本当に一生懸命やっても
全然意に介してもらえない上に、
ダメだって評価されて――」

夕鈴は机の上に置いていた両手をぎゅっと握り、
震えながら顔を伏せた。

私は思わず、机に手をかけ、立ち上がる。
ガタンと椅子が傾く。

「いったい誰が!?
――そんな理不尽な対応を
君に?」


「だからっ!――」
夕鈴は急にこちらにクルリと向き直り
ダン、と机をたたいた。

「――老子のお部屋っ、
老子がいない時にさせてくださいっ!!
いっくらやっても、きれいにする端から汚されて――
あまつさえ、浩大まで尻馬にのって!
李順さんがチェックに来るときには元通り以上に汚すもんだから…
あの部屋のお掃除、ダメ出しばっかで
私ちっともお給料もらえないんですよっ?!」


「…は?」

そういう、逞しい理由で考え込んでいるだなんて
思いもよらなかった。

ポカンとして、私はしばらくの間ジッと彼女の顔を見つめて過ごした。

この無言の時間。
徐々に彼女の顔には変化が訪れた。

なにやら、私の方に熱い視線が注がれるのだ。
――改善案を期待されている?
なんだか、ひしひしと感じる。

「…アー。では、いっそのこと。
焼畑農業みたいに、
老子に部屋、2部屋与えて
ローテーションにしよっか?
部屋は死ぬほど余ってることだし

片一方の部屋を掃除している間、
もう片方の部屋に老子に居てもらう――というのは」

「それって、汚れる部屋が2倍になるってことですか――?」

「…やっぱり。
被害は、少ない方がいい、かな?」

「当たり前ですっ!!」
と彼女は叫んだ。

「じゃ、こんな方法は――?」


(切れっ放し)

*



今日の脳みそでは
甘くならなさそうでダメダメでした。

続きリレーしてくださる方がいらしたら
よろしくお願い申し上げます
m(_ _)m




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

おりざ

Author:おりざ
秘密の苑・刺青の男[織座舎]陛下の花園へようこそ。”狼陛下の花嫁”の二次創作作品を綴っています。足跡などお気軽に残していただければ嬉しいです。【新刊】秘密の苑・刺青の男パラレルアンソロジーパラレルアンソロジーとらさんで取扱。【お詫び】拍手コメ御礼お休み中です。本当に申し訳ありません。お返事ご希望分はコメント欄へm(_ _)m

アクセスカウンター
ただいまのご来訪数
現在の閲覧者数:
ありがとうございます
■(キリ番)カウンターでキリのよい番号に遭遇された方はお気軽にご一報ください^^

■オフ活動■ おりざの本[織座舎] 一覧 → こちら
陛下の花園へようこそ
~ご注意~
≪以下あらかじめご了承のうえ、本サイトをお楽しみください。≫

・原作者様ならびに出版社様とは一切関係ございません。
・此のブログは日々の日記並びに二次創作作品の倉庫、管理人本人の自由な自己表現の場です。
・この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件、史実などにはいっさい関係ありません。また原作と異なる設定など、表現、その他多数捏造あります。

・二次創作の場です。
・ブログ内容に関する苦情は受け付けておりません。出来る限り注意は払う意向ですが個人的表現の場という位置づけの運営上、万人に対して万全を保障するものではありません。
・読む際は各作品の冒頭の説明・ご注意等にてご判断ください。読後いかなる不都合が生じても当方はその責任を負いかねます。

・ご感想お待ちしております。

・当ブログ内の作品の著作権はブログ管理人に属し、無断コピー・無断転載は固く禁じます。
Twitter
 
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。