スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ss 夏

SNSのトピ「春・夏・秋・冬」より転載
---------------
2014年09月11日

[夏]


緑滴る川縁。

狭い山道を歩くのに手を引かれだなんて。
まるで子供みたいで恥ずかしいのに。
陛下ときたらお構いなし。

「陛下、まだ遠いんですか?」
「もうちょっと」
がんばって。と笑いながら、陛下はゴツゴツとした石の上をスイスイと渡る。

「…あれ? 道が――」

突きあたりは山肌で、道が途切れている。

ふと脇を見ればつるの絡まった古い道標があって、
指し示すところ、沢づたいの側道は渓流を渡った向こうへと続いているらしい。

「ここは川を渡るんだ。
なんだか飛び石みたいだね。
――足元が悪いから、ゆーりん、気を付けてよ?
…なんなら、抱えてゆこうか」

そう言われた途端ぐらりと態勢を崩してしまう。

(っ…!)

ピン、と腕が伸びたと思ったら
こんどは長い腕が私の背中に巻き付いて
あっという間に腰を支えられて。

「――へーか。
…近いです」

「そう?」

萌いづる若緑の葉ごしにチラチラと陽光が踊り、
陛下の瞳の色は万華鏡のように色を変える。

そんなに近くに陛下のお顔があるというだけでも恥ずかしいのに。
汗ばんだ背中に手を回されて、強く抱きしめられると
もうどうしていいのかわからない。

「そんなにくっつくと、暑くて
気持ち悪いんじゃないですか?」

「気持ち悪い―――?」
キョトンとした表情で見返される。

「だって、私汗かいて、ベタベタで…」

「――そんなことないよ?」

陛下はそう言ってくださるけど、きっと気持ち悪いと思う。
思わず手を振りほどこうとしたのに
陛下は逆に指を絡めてもっときつく握り締めた。
「だ、…やっ!」

もう片方の腕を回されて
二人は密着して…首筋にさらりと陛下の黒髪が触れる

「ダメなの?」

吐息がかかる。
陛下が私の首筋に顔を埋めて…なんてこと――!?

「ダメ、とかなじゃくて。
ぜったい、汗臭いですから!」

「君はいつだって
よい香りがする」

陛下は嬉しそうに、ますます密着する。

「…は、ず…かしいから
――離しーてーくーだーさーーーい…!」

ジタバタ必死に抵抗すればするほど、陛下は面白がってますます…

(ぜったい、やりすぎてる――この人っ!!)

その時。
「陛下、お戯れは、たいがいに―――」
背後から李順さんの声がした。

陛下私を抱きかかえたまま

ボチャン

と川に落ちた。


*
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

おりざ

Author:おりざ
秘密の苑・刺青の男[織座舎]陛下の花園へようこそ。”狼陛下の花嫁”の二次創作作品を綴っています。足跡などお気軽に残していただければ嬉しいです。【新刊】秘密の苑・刺青の男パラレルアンソロジーパラレルアンソロジーとらさんで取扱。【お詫び】拍手コメ御礼お休み中です。本当に申し訳ありません。お返事ご希望分はコメント欄へm(_ _)m

アクセスカウンター
ただいまのご来訪数
現在の閲覧者数:
ありがとうございます
■(キリ番)カウンターでキリのよい番号に遭遇された方はお気軽にご一報ください^^

■オフ活動■ おりざの本[織座舎] 一覧 → こちら
陛下の花園へようこそ
~ご注意~
≪以下あらかじめご了承のうえ、本サイトをお楽しみください。≫

・原作者様ならびに出版社様とは一切関係ございません。
・此のブログは日々の日記並びに二次創作作品の倉庫、管理人本人の自由な自己表現の場です。
・この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件、史実などにはいっさい関係ありません。また原作と異なる設定など、表現、その他多数捏造あります。

・二次創作の場です。
・ブログ内容に関する苦情は受け付けておりません。出来る限り注意は払う意向ですが個人的表現の場という位置づけの運営上、万人に対して万全を保障するものではありません。
・読む際は各作品の冒頭の説明・ご注意等にてご判断ください。読後いかなる不都合が生じても当方はその責任を負いかねます。

・ご感想お待ちしております。

・当ブログ内の作品の著作権はブログ管理人に属し、無断コピー・無断転載は固く禁じます。
Twitter
 
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。